開業社労士は事務所を1か所しか設置できないそうですが、開業社労士が他の開業社労士の仕事を手伝うことや、社労士事務所以外の一般の事業所等に勤務することは可能でしょうか。

 おっしゃるとおり、社会保険労務士法の規定により開業社労士は事務所を2か所以上設置することはできませんが、開業社労士が他の事業所に勤務してはならないということではありません。ただし、開業社労士が他の開業社労士の業務の手伝いをするときは、社労士としてではなく「ひとりの従業員として」業務を行うこととなり、二つの社労士事務所で「社会保険労務士(社労士)」と名乗って業務を行うことはできません。また、開業社労士であると同時に他の社労士事務所に勤務登録するような二重の登録をすることはできません。
 開業社労士の登録のままで他の社労士事務所に勤務したり、他の社労士事務所の仕事を手伝ったりすることについては、受け入れ側の社労士の顧客に関する情報の取扱い上のリスク等もあり、実際には、社労士同士に信頼関係がないと難しいと言えるでしょう。
 開業社労士が他の一般の企業等に勤務しながら自ら業として社労士業務を行うことについては、法律等で禁止されてはいませんが、勤務先事業所に就業規則等で副業禁止の規定がある場合は無理ということになります。また、雇われていれば時間的に拘束され、勤務先での仕事もしなければなりません。ライバルとなる他の社労士事務所も存在している状況で、二足のわらじを履いて社労士事務所として業績を伸ばすのは困難な場合が多いと思われます。